Robart Lockwood Jr

Robart Lockwood Jr

1915年3月15日アーカンソー州へレナのターキースクラッチ村に生まれる。幼少期には教会で父が牧師を勤める教会でオルガンを弾き始めた。その後、両親は離婚し母に引き取られた。そして母が再婚相手に選んだのが、あの偉大なブルースマン ロバート・ジョンソンであった。義父の影響もあり15歳の頃からプロとして義父ロバート・ジョンソンやサニーボーイ ウイリアムソン、ヘンリー・タウンゼント等とステージに立ち人気者になっていた。

その後サニーボーイ、ハウリン・ウルフ等と活動しB.B KINGを始め多くのBLUESMANに多大な影響を与えた。

その12弦ギターから作り出すオーケストラの様なplayは、その独特な歌とあいまってBLUESの枠を超えた偉大な物であった。

2006年11月21日老衰からの呼吸不全でその偉大な92年の生涯を閉じた。

生涯現役を貫きBLUESMANとして最後までギターを弾き続けたその魂に合掌!

彼の最後の相棒として約8年間、当社のBLUES ORIGNAL ROBART ROCKWOOD 12 CUSTOMを弾き続けて頂ました。

感謝と哀悼の意を捧げます。

Robert Lockwood Jr., The Legend, Blues, Jazz, Music, Concerts, R & B, Bands, Rock-N-Roll, Blues Festival, Blues Hall of Fame, Bluesman.

このページの先頭へ